お見合いパーティーに参加しようTopへ

 >  結婚情報
 >  横森式おしゃれマタニティ 育児篇―ウリの成長日記 (文春文庫PLUS)

横森式おしゃれマタニティ 育児篇―ウリの成長日記 (文春文庫PLUS)

横森式おしゃれマタニティ 育児篇―ウリの成長日記 (文春文庫PLUS)

横森 理香



定価: ¥ 650

販売価格: ¥ 650

人気ランキング: 14783位

おすすめ度:

発売日: 2004-09

発売元: 文藝春秋

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



十人十色
前作同様、おもしろかったです。平日はベビーシッターに預けるというような経済的な面で真似できない部分もありますが、ライフスタイルは十人十色だし、それはそれで違う子育て生活が垣間見えて新鮮でした。たまに子供を邪険に扱う表現もありますが、私にとってはソレもアリ!小綺麗に母はこうあるべき!という本が多い中、母も人間ですから、たまには子に対してグッタリしてしまうこともあるので、その気持ちを包み隠さずリアルに表現しているのは良いと感じました。離乳食もウチの子の好みとは若干違いましたが、読んでいて楽しかったです☆小難しくない子育て本、ライフスタイルは十人十色だけどちょっと子育てをのぞいてみたい、という本をお求めの方にはお薦めです。

高齢出産者の”反面教師”本として良いとおもいます
普通に期待して読むとげんなりしそうですが、ただ自分自身の強い反省を促す本でした。高齢出産だとどうしても親バカになってしまい、自分で気づかないことも多いと思うんですが、そのような姿を客観的に見て反省することができる良い教材になるかもしれません。

一般人とは感覚が違うかな。
内容が親バカ全開で少し辟易してしまった・・・。

(もちろん自分の子が可愛い、という気持ちは理解しますが)

食事内容や衣服についても「?の○○」という風にブランド名(もしくはショップ名)が必ず出てくるのも気になった。

何より「育児編」と銘打っている割には、高年齢出産というのを前面に押し出しベビーシッターに預けて息抜きしていることばかりが強調され、一般人の「育児生活」とはかけ離れたものになっているように感じた。

産前産後の前の2冊はまだ共感出来る部分も多かったが、今回は別世界の話として読み終えました。

ブックマークに追加する

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://uranutes.net/mt/mt-tb.cgi/31918

お見合いパーティーに参加しようTop >  結婚情報 >  横森式おしゃれマタニティ 育児篇―ウリの成長日記 (文春文庫PLUS)



Google